さば??

  • 2013.01.22 Tuesday
  • 00:20
 
生徒さんが増える時期。
1月に入ってからすでに5人の方から問い合わせがあり、
今のところ3人が新しい生徒さんとしてこれから関わっていく。

さて、その中で5歳の子がフランス人の女の子!
そのかわいらしさに、レッスンの前に思い出そうとしていたフランス語の挨拶が吹っ飛んだ。
彼女は完璧な子供らしい日本語。

こっちが緊張して、コミュニケーションがうまく取れたかどうかわからない。

これからレッスンで厳しいことを言えない気がする。ただでさえ生徒には甘いのに。
少しだけ楽器を弾いてもらって5分ほど教えていたら沈んだ表情で、

「・・・・・つかれた。。」とつぶやかれてしまった。

どうすりゃいいんだ。もしかして嫌われたのか。




若干密かにしょげた自分。
彼女がこれをテーブルのところに持ってきた。(ゾウは私物です)。それからお母さんから渡された。
紙で作ったもの。
直接渡されたわけではないので自分にはわからなかったが、
お母さん曰く、僕にあげるということらしい。一応好意らしい。

どうすりゃいいんだ。

終始、翻弄されるがままの自分がいた。




お母さんが日本の方(ピアニスト)でお父さんがフランスの方(まだお会いしていない)。
フランス人学校ではフランス語で、普段は日本語。英語も話せるらしい。
これから日本とフランスの良いところをたくさん吸収していくんだろうなと、しみじみ考えてしまった。



さあ、大学で履修してすっかり忘れたフランス語をやり直すかな。



せ ふぃに。

ぼん にゅい。

ヴァイオリン教室
http://jt-violin.com/index.html

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM