丹沢 塔の岳 

  • 2012.11.05 Monday
  • 00:41
JUGEMテーマ:登山
JUGEMテーマ:夜景

087.JPG
 

先週、久しぶりに登山です。
今まで行ったことのなかった丹沢に行きました。
写真が多すぎますが、辛抱してみてください。




朝6時半の新宿。こんな時間に電車を撮る中学生が。
032.JPG


031.JPG


040.JPG


秦野からヤビツ峠へのバス。すでにこの景色。
001.JPG


ここからしばらく林道を歩きます。
008.JPG


 013.JPG

018.JPG

019.JPG



022.JPG

林道は工事中。
026.JPG

028.JPG

032.JPG


045.JPG

048.JPG

053.JPG


よく整備されているというか、登山者が多く荒れやすいためか、階段が多い。
053.JPG



058.JPG


二ノ塔から。
055.JPG

056.JPG

058.JPG

大山方面を振り返る。
067.JPG


059.JPG

相模湾を一望できる。
061.JPG


三ノ塔の避難小屋。
064.JPG

067.JPG


070.JPG


三ノ塔から。ここから左中段に見える頂の烏尾山に一度下り、稜線に沿って右上の新大日へ。
そこから左に折り返し奥に見える塔ノ岳に向かう。
073.JPG



適度に鎖があって面白い。
081.JPG

083.JPG


鞍部が崩れかけていて、橋で補強されている。
084.JPG

078.JPG


早過ぎたのか出遅れたのか、慎ましく紅葉が迎えてくれる。085.JPG



080.JPG


090.JPG


烏尾山の山荘。







おにぎりと牛の佃煮と浅漬けで食事です。
082.JPG


鹿のフンがいたるところに。。。



105.JPG

106.JPG

108.JPG

112.JPG


114.JPG

116.JPG

123.JPG


左側がさっくり落ちている稜線を登ります。
108.JPG

109.JPG

112.JPG

113.JPG

すぐそこが新大日。ここからの登りは緩やかに見えます。
119.JPG



雲が出てきて景色が心配に。
124.JPG


木の又小屋。
124.JPG

125.JPG

126.JPG


125.JPG


いつの間にか頂上です。富士山!
126.JPG



144.JPG

心配していた雲が抜けてくれた。
139.JPG

尊仏山荘にお世話になります。今日の泊まりは他に男性一人のみ。
145.JPG


山荘の横で堂々と鹿が食事中。
130.JPG


部屋に入り、気配にふと振り返ると猫が。
131.JPG


むぅ猫め、俺を翻弄しやがって。。階段を下れないではないか。
145.JPG

小屋の裏にも鹿が。
130.JPG

133.JPG


132.JPG

小屋には水がないので少し下ったところで水汲みです。4Lあればよいか。
135.JPG

136.JPG


日が暮れて、今回の目的である夕日の富士山を拝むことができた。
150.JPG



155.JPG

160.JPG




164.JPG


相模湾の彼方には初島と大島を望む。富士山の向こうには駿河湾まで見通せた。
170.JPG

158.JPG

東の空には、満月が昇り始めた。東京の夜景。写真では見えにくいが、羽田空港からこちらに向かう飛行機の列、東京タワーと、向こうにはスカイツリーのイルミネーションが小さいがはっきり見える。
さらにはうっすらと東京湾の対岸の千葉方面の明かりが見えた。
この夜景が今回の二つ目の目的。

自分が息をしている場所を彼方から客観視してみる。

月が明るいためか、星は考えていたほどは見えない。
160.JPG


178.JPG

秦野の街。
214.JPG

鎌倉、三浦半島の方向。



170.JPG


食事はカレーでした。美味!
186.JPG






小屋は今日は7時半に消灯。東京ではまだ仕事から帰る時間なのに。
220.JPG

223.JPG



疲れによる睡魔が襲うが、同時に夜景に心を奪われ凍えながら窓を開けた。
ほとんど無音。注意して耳を遠くに置いてみると、都会の音がわずかに聞こえる。
視界と共に360度開いた抜けるような聴覚。
安心感と同時に耳が音に貪欲になる。

気がつけば2時間ほど夜景を眺めて、この瞬間を惜しみつつ就寝。
次第に風が増してきた。



Jun Tomono VIOLIN SCHULE
http://jt-violin.com/index.html

コメント
天気については山小屋の主人いわく、とても運がよかったらしいです。
ちなみに次の日は雲りでした。
写真は、この倍は撮っています。「下手な鉄砲」を数撃っています。何しに山にいったのやら。

カメラは、、、手を出したら大変なことになるでしょうね。

しばらくはド素人でよいです。

意外とヒマな後輩
  • usagi
  • 2012/11/16 3:00 AM
丹沢拝見。好天に恵まれてよかったですね。「多すぎる写真」で、立派に登山を追体験させてくれて、どうもアリガトウ。
カメラのことを尋ねましたが、機会を逃さないこと、撮る人の
感覚、センスですね。「弘法筆を選ばず」ですね。次回を期待しております。              ヒマな先輩
  • 杉並のイチロー
  • 2012/11/06 12:07 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM