今年のネコさんたちとの関係

  • 2017.02.15 Wednesday
  • 23:15

 

 

自分のネコ狂いは、すでに知られていること。

今年は忙しく過ごす予感がするので、ネコさんたちとはあまり会えないかもしれない。

 

関係ないが、最近ライオンに触ってみたいという欲求が止まらない。

噛まれても、ひっかかれてもいいから。

IMG_9708.JPGIMG_9710.JPGIMG_9713.JPG

 

 

 

 

時々行く近所の巡回で出会うネコさんたち。

IMG_2320-2.jpg

 

 

IMG_9772-2.jpg

 

 

IMG_2350-2.jpg

 

 

この二人はとても仲がいい。うらやましい。

去年の10月くらいには近づくと逃げられていたが、

足の間をすり抜けてくるようになった。

立ち去ろうとすると、追いかけてくる。

やめてくれ。。

IMG_9765-2.jpg

 

IMG_2354-2.jpg

 

 

 

この方は、5年前にこの辺りに住み始めてからの関係。

一時期は毎日、会いに行っていた。

結構お年でおそらく16〜18歳は超えている。

IMG_9696-2.jpg

 

 

IMG_9819-2.jpg

 

 

IMG_9681-2.jpg

 

 

 

よく膝の上に乗ってくれる。

神社の前を通る人で、彼女から恩恵を頂いている人は多いと思う。

IMG_9823-2.jpg

 

 

5年の付き合いの間、次第に白い毛の部分が増えて、シルエットが細くなっていくのがよく分かった。

足元も次第に弱ってきている。

去年の12月に亡くなってお別れのあいさつにいった実家の猫の姿に似てきた。

彼女も、自分が高校の時から存在してくれた方。

 

今年の春まで持つといいなあ、この神社の桜が咲くまで。

 

 

 

体調の良い日には、外で神社を訪れる人を眺め、近づいて愛情をあたえてくれる。

何年間、こうしてきたのだろうか。

苦しい時、夜中に神社に行ったらちゃんといて、とても救われたこともある。

 

とても神聖な力を持っている方だと思う。

長い間、たくさんの人を救って来ただろう。

みんな、彼女に感謝しているに違いない。

 

IMG_9873-2.jpg

 

 

最後まで、冷たくなるまで、この手を握っていられたらと、思う。

その感覚が、自分の手に残る。

 

少しでもその力を引き継げることを、切に願う。

IMG_9878-2.jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM