リサイタルの報告とお礼

  • 2016.12.28 Wednesday
  • 01:50

 

先週の17日に、無事4回目の無伴奏リサイタルを終えることができました。

この場を借りてお礼を申し上げます。

IMG_2268-2.jpg

 

 

今までのバロック以前の曲を演奏する際に感じた中途半端さや居心地の悪さ、疑問を考える為に、

今回はプログラムの年代に合わせたバロック弓(17世紀後半〜18世紀前半)からとガット弦で臨みました。

 

ピッチはいくつも試しましたが、今回は423〜425Hz前後にしました。

 

今回のプログラムは以下の通り。

バッハ前後の当時のヴァイオリンニストや作曲家の作品です。

「バッハ」を基準にしつつも、バッハ中心の音楽史感から、バッハを当時の音楽の流れの一部として、もっと言えば主役でなく傍観者としての位置づけにしてみて、見える景色があるのでは、という狙いです。

 

ロカテッリ / ヴァイオリンの技芸 24 capricci より 1.2番

Pietro Locatelli / L'arte del Violino

 

ヴェストホーフ / 無伴奏ヴァイオリンのための6つのパルティータより1番 a-moll

Johann Paul von Westhoff / 6 Partita del violino solo

 

タルティーニ / ヴァイオリンソナタ g-moll 「悪魔のトリル」(自作の無伴奏編曲)

Giuseppe Tartini / Violin sonata "Il trillo del Diavolo"

 

テレマン / 無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジーより2.5番 

Georg Philipp Telemann / 12 Fantasie für Violine Solo

 

J.S.バッハ / 無伴奏ヴァイオリンソナタ2番 a-moll BWV1003

Johann Sebastian Bach / Sonate für Violine Solo N.2 a-moll

 

アンコール曲

ロカテッリ / ヴァイオリンの技法 24 Capricci より 23番 the Labyrinth

タルティーニ / Pastorale A-Dur より Allegro

 

IMG_9643-2.jpg

 

 

頂いた花などです。

IMG_2235-2.jpg

 

 

IMG_2236-2.jpg

 

 


IMG_2248-2.jpg

 

 

IMG_2249-2.jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM