ライプツィヒ2 バッハ博物館〜メンデルスゾーンハウス

  • 2016.12.10 Saturday
  • 11:30

トーマス教会から続き

 

 

IMG_1241.JPG

 

 

隣の建物(建て直されているが)はバッハがカントルとして教え、かつ一角に住んでいた旧トーマス学校。

IMG_1242.JPG

 

IMG_1259.JPG

 

 

 

1902年まで元の建物はあったようですね。

IMG_1260.JPG

 


 

IMG_1140.JPG

 

教会の向かいにある建物は、バッハの隣人で友人であった商人のボーゼの住居跡で、現在バッハの博物館になっている。

IMG_1238.JPG

 

 

懐かしい光景。

IMG_1237.JPG

 

 

内部は広くなった印象。

IMG_1090.JPG

 

バッハ自身が調べたといわれる、ファイト以来から1750までのバッハ一族の家系図。

IMG_1094.JPG

 

 

IMG_1092.JPG

 

 

 

IMG_1095.JPG

 

 

IMG_1096.JPG

 

 

2000年に新造されるまでトーマス教会にあった、バッハ・オルガンの座席。

IMG_1102.JPG

 

 

IMG_1105.JPG

 

 

 

IMG_1107.JPG

 

 

IMG_1108.JPG

 

 

IMG_1109.JPG

 

 

IMG_1110.JPG

 

バッハの紋章が残されている唯一の家財のチェスト。JSBの文字でデザインされている。

IMG_1114.JPG

 

これ。

IMG_1130.JPG

 

IMG_1116.JPG

 

 

IMG_1121.JPG

 

 

IMG_1124.JPG

 

 

当時普及していた楽器群。

IMG_1126.JPG

 

 

IMG_1127.JPG

 

 

 

IMG_1133.JPG

 

 

バッハが市から与えられた住居。

トーマス学校の建物の1画の1〜3階(厳密には2〜4階か)が充てられていた。

広いようだが、壁と扉を隔てて隣が教室であり寄宿生の生活スペースであったため、騒音で中々作曲に集中できなかったらしい。

逆の区画には校長の住居だった。

IMG_1135.JPG

 

 

 

IMG_1134.JPG

 

 

IMG_1137.JPG

 

IMG_1141.JPG

 

 

 

IMG_1146.JPG

 

本人の肖像。加えて父親や息子たちのものもあった。

IMG_1167.JPG

 

 

旧ヨハニス墓地からトーマス教会内に遺体が移された際に棺から発見された、バッハとアンナ・マグダレーナの遺品。

ベルトのバックルと裁縫の指貫と思われる。

IMG_1174.JPG

 

IMG_1185.JPG

 

自筆譜たち

IMG_1196.JPG

 

 

IMG_1197.JPG

 

 

1階には、譜面をめぐる研究資料が展示されていた。主に譜面による作品の年代の特定と保存について。

IMG_1089.JPG

 

 

IMG_1221.JPG

 

 

当時、五線譜は自作であった。そのための道具。

IMG_1224.JPG

 

 

紙を漉くための道具。

IMG_1228.JPG

 

 

製造された紙には年代ごとに異なる透かしが入れられていたため、それが使われていた譜面の時期を特定するための一つのヒントとなる。

IMG_1216.JPG

 

 

IMG_1217.JPG

 

 

 

当時のインクに欠点があったために腐食してしまった個所の音符を推測することも重要な作業。そしてそれを保存する。

IMG_1213.JPG

 

 

IMG_1211.JPG

 

 

自筆譜としてまたはコピーライターそれぞれの筆跡の癖や年代ごとの違いが書かれている。

気の遠くなる作業だ。

IMG_1223.JPG

 

 

 

IMG_1233.JPG

 

 

亡くなる1750まで27年間の厚さを感じさせる素晴らしい資料と情報だと思う。

IMG_1236.JPG

 

 

教会内にも入ってみる。

IMG_1239.JPG

 

 

 

 

IMG_1244.JPG

 

 

IMG_1245.JPG

 

 

IMG_1246.JPG

 

 

祭壇の下にバッハの移された遺体が眠っている。

IMG_1247.JPG

 

 

IMG_1249.JPG

 

 

 

 

IMG_1252.JPG

 

 

IMG_1251.JPG

 

 

教会内の展示もなかなか充実しているようだったが、時間があまり取れなかった。

IMG_1256.JPG

 

 

 

IMG_1257.JPG

 

 

IMG_1258.JPG

 

 

 

IMG_1240.JPG

 

 

教会を後に先に進む。

すでにもう疲れた。

IMG_1261.JPG

 

 

IMG_1262.JPG

 

 

IMG_1263.JPG

 

 

IMG_1264.JPG

 

 

IMG_1265.JPG

 

 

IMG_1268.JPG

 

 

IMG_1269.JPG

 

 

この辺りに、クララ・ヴィーク(クララ・シューマン)の生家があったらしいが見逃した。

今回下調べ不足で、そんな場所が多々ある。

IMG_1270.JPG

 

 

IMG_1271.JPG

 

 

ライプツィヒ大学の裏に出る。

IMG_1276.JPG

 

 

IMG_1277.JPG

 

 

IMG_1278.JPG

 

 

 

IMG_1279.JPG

 

 

IMG_1280.JPG

 

 

IMG_1282.JPG

 

 

ライプツィヒ歌劇場。

IMG_1283.JPG

 

ゲヴァントハウスまでやってきた。

IMG_1285.JPG

 

しかしこの人、仕事にしていたのに全くオケの箱に関心持たないな。。

IMG_1290.JPG

 

 

なぜか素の線路を渡って旧市街の外に。

思いの他歩き難い。

IMG_1292.JPG

 

あそこに歩道があった。。

IMG_1293.JPG

 

 

IMG_1294.JPG

 

 

IMG_1295.JPG

 

 

IMG_1295.JPG

 

 

IMG_1296.JPG

 

 

IMG_1297.JPG

 

 

メンデルスゾーンの家までやってきた。

IMG_1299.JPG

 

 

続く

 

 

バイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM