散歩 朝 昼 夜 3 狩猟、武器博物館 など

  • 2016.11.16 Wednesday
  • 06:48

続き

 

 

もう歩き疲れていて記憶が薄いので、ほぼノーコメントで。

IMG_9284.jpg

 

ハプスブルクの発展は政略結婚によるものといわれますが、同時にやはり軍事国家としてパワープレイによる領土の拡大、保持による裏付けによって支えられました。王宮のシシーミュージアムや金食器のコレクション、美術史美術館などの膨大なコレクションと並び武器コレクションによりそのエッセンスの凝縮を体感することになります。

自分としては、それぞれ訪れるたびにその情報量に頭がフリーズして「こ、これがていこくの力。。」とぶるぶる震えているのが本音です。考えてみると、クリムトやシーレなどがそれに並んでこれらの文化コレクションに大きく割り込むということは(もちろん宮廷の衰退とも反比例したとしても)、膨大な伝統に対する極めて強い反抗とそれほどの欲求によって生み出された一大シンドロームだったのだとも思います。

つまりは、みんなしゅごい。。!

 

ここでの武器コレクションは中世から19世紀頭ぐらいの範囲のようです。

別な場所(3区、南駅周辺)に軍事史博物館があり、そこでは大戦までの展示品があります。

確か2年前に訪れていて、一次大戦のきっかけとなったセルビア事件の展示、皇太子の乗っていた車や着用していて貫通跡のある衣服、使われた小型拳銃など、かなり印象深いものがありましたが、日記には載せそびれています。(他にドナウタワーの展望も忘れていた。。)

思い出したので、メモリーが残っていればいずれ載せようと思います。

IMG_9287.jpg

 

 

中世騎士の花形、馬上試合(ジョスト)の装備

IMG_9288.jpg

 

 

IMG_9289.jpg

 

 

 

IMG_9290.jpg

 

 

 

IMG_9293.jpg

 

 

 

IMG_9295.jpg

 

 

 

IMG_9298.jpg

 

 

 

IMG_9299.jpg

 

 

 

 

 

 

IMG_9301.jpg

 

 

装飾されたメイス。

IMG_9303.jpg

 

 

 

 

 

IMG_9304.jpg

 

 

IMG_9305.jpg

 

 

IMG_9306.jpg

 

 

 

IMG_9310.jpg

 

 

 

IMG_9311.jpg

 

 

バックルの裏に籠手、武器が仕込まれている。下にはマキビシ。中二心をくすぐられる。

IMG_9313.jpg

 

 

IMG_9312.jpg

 

 

IMG_9316.jpg

 

 

IMG_9317.jpg

 

 

IMG_9318.jpg

 

 

IMG_9320.jpg

 

 

IMG_9321.jpg

 

 

IMG_9323.jpg

 

 

IMG_9327.jpg

 

 

IMG_9329.jpg

 

 

IMG_9332.jpg

 

 

IMG_9334.jpg

 

 

IMG_9335.jpg

 

 

 

IMG_9336.jpg

 

 

 

 

IMG_9339.jpg

 

みんな、怖い。。

IMG_9340.jpg

 

 

IMG_9342.jpg

 

 

IMG_9344.jpg

 

馬がこっち見てる。。

IMG_9345.jpg

 

せめてパンツをはかせてあげたいニィ。。

IMG_9346.jpg

 

 

IMG_9347.jpg

 

 

IMG_9349.jpg

 

巨大なボウガン。

IMG_9296.jpg

 

 

 

 

IMG_9352.jpg

 

 

片手で引くことはできず、足で踏んだり機械化された装置で巻き上げるまでに強化されている。

そして、それが銃にとってかわられる。

IMG_9353.jpg

 

 

IMG_9354.jpg

 

 

IMG_0082.JPG

 

 

IMG_0085.JPG

 

 

IMG_0091.JPG

 

 

IMG_0100.JPG

 

 

IMG_0107.JPG

 

 

IMG_0110.JPG

 

 

IMG_0113.JPG

 

 

IMG_0116.JPG

 

 

ゲーテ先生が、ウィーンまで来て営業している。

IMG_0120.JPG

 

 

IMG_0122.JPG

 

 

国立歌劇場の前にでっかいうさぎ!

IMG_0123.JPG

 

 

うさぎ!!

IMG_0124.JPG

 

IMG_0125.JPG

 

 

そして、夜になって

IMG_9950.JPG

 

再びここに。

IMG_9927.JPG

 

 

 

例の電飾が際立つ。

クラブ・シュテファンか。

IMG_9933.JPG

 

 

ウィーンも変化する。

自分もきっと変わっていく。

IMG_9937.JPG

 

 

 

IMG_9944.JPG

 

 

IMG_9946.JPG

 

 

ハッピーヌードルは今回食べなかった。

IMG_9948.JPG

 

 

お馴染みのカフェ・ムゼウム

IMG_9957.JPG

 

今回唯一の外食。

何も考えず注文したら量が多すぎた。久しぶりで忘れていたが、交渉すれば量と値段は調整できたはず。

すっかり忘れていた。

IMG_9952.JPG

 

 

IMG_9959.JPG

 

今回のウィーン滞在は6日間で終わり。

訪れた場所は少ないが、自分の中ではすでに煮詰まっている。それらをいつか整理しないといけない。

思い出しながらの旅。

 

 

つづく

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM