音楽家の足跡を辿る。1 シューベルト ハイドン 

  • 2016.10.31 Monday
  • 22:30

 

おととしの時点で音楽家のいた場所はほぼ歩いているので、その残りをたどる。

U4でケッテンブリュッケンガッセにむかう。

IMG_9780.JPG

 

IMG_9781.JPG

 

 

この日は、2か所を歩く。

 この地図を見て気が付いたのだが、アウガルテンはまだ行っていなかった。しまった。

 

wien alle 2.jpg

 

 

 

このゾーンはすでに歩いているが、確認確認。ネコのパトロールかな。

pilgrammgasse 2.jpg

 

 

始めに寄ったシューベルトの最後の家。1828年11月19日にこの家で亡くなった。

ミュージアムになっているが、一昨年に引き続きこの日も休みで入れず。。情報は確認しないと。

IMG_9782.JPG

 

 

引き返して、隣のピルグラムガッセ駅に。

特に必要ないがナッシュマルクトを覗く。

IMG_9783.JPG

 

 

IMG_9786.JPG

 

 

IMG_9787.JPG

 

 

 

IMG_9788.JPG

 

 

IMG_9789.JPG

 

 

川沿いに地下鉄が通っている。

IMG_9791.JPG

 

 

IMG_9792.JPG

 

 

 

2日後の11月21日にシューベルトの葬儀が行われた教会。この後、ヴェーリングの旧墓地に運ばれる。

 (2014年10月22日の日記を参照)

IMG_9797.JPG

 

 

IMG_9793.JPG

 

 

 

IMG_9795.JPG

 

しばらく、線路沿いを歩く。近くにハイドンの旧墓地があったのをすっかり忘れていた。

IMG_9798.JPG

 

 

 

IMG_9803.JPG

 

 

IMG_9805.JPG

 

IMG_9807.JPG

 

 

IMG_9808.JPG

 

 

IMG_9810.JPG

 

 

IMG_9816.JPG

 

 川の北側に渡る。

 こちらもやはり、ハイドンの葬儀が行われたグムペンドルフ教会。この後すぐ近くのハイドンの家がこの地区の目的地です。

全然関係ないが、右側の「Zielpunkt」(目的地という意味。。)という看板のチェーンスーパー、閉店していた。いつも泊まるホテルの近くにもありお世話になっていたが(商品の種類の数としては不便だった。)、こちらも空っぽになっていたので、やはり破産したのだろうか。

IMG_9817.JPG

 

 

悲しいニィ。。

IMG_9822.JPG

 

 

IMG_9818.JPG

 

 

 

IMG_9819.JPG

 

 

IMG_9820.JPG

 

 

5分ほど歩いてハイドンの家につく。1797年にロンドンからウィーンに戻り、1809年に亡くなるまでこの家で過ごした。

中はミュージアムになっていて、ロンドンでのハイドンの活動や子の家での生活などについての展示がされている。

ここも以前に訪れたことがある。

IMG_9824.JPG

 

 

IMG_9826.JPG

 

 

IMG_9828.JPG

 

 

IMG_9829.JPG

 

 

IMG_9831.JPG

 

 

IMG_9832.JPG

 

 

ここを再訪した理由があって、この家の一室にブラームスの遺品の一部が展示されていること。

1907年にカールス教会近くにあったブラームスの住んでいた建物が取り壊されてしまい、その家具や持ち物がこのハイドンの家に居候している。

IMG_9835.JPG

 

 

IMG_9838.JPG

 

 

取り壊される前のブラームスの部屋。

IMG_9840.JPG

 

 

IMG_9841.JPG

 

 

IMG_9842.JPG

 

 

だいぶ美化されている肖像画

IMG_9843.JPG

 

 

 

IMG_9845.JPG

 

 

 

うーむ。こちらの方が親近感がわく。。

IMG_9846.JPG

 

 

IMG_9847.JPG

 

 

IMG_9848.JPG

 

 

 

IMG_9852.JPG

 

 

IMG_9854.JPG

 

 

IMG_9855.JPG

 

 

IMG_9858.JPG

 

 

 

マリアヒルファー通りまででて、ここからU6に乗ってヴェーリンガー通りまで移動する。

ここの東駅すぐ近くのインターシティホテルは確か3年前に泊まったことがある。宿泊期間分の市内の交通フリーパスをくれるので優しいホテルニィ。

IMG_9860.JPG

 

 

続く

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM