リサイタルの報告とお礼

  • 2016.07.09 Saturday
  • 05:24

 

 

先日、無事に無伴奏リサイタルを終えることができました。

 

ご来場いただいた方々、この場を提供して下さった教会を含め関係者の方にはとても感謝しています。

 

それから、イザイ。一番感謝するべき方なのだと思います。

音楽でやっていくことを自覚して以来、一人で練習していく過程で、スケールと数多くの練習曲、それから無伴奏曲は、コンチェルトやソナタよりも、自分にとってははるかに接する時間の長い優れた先生たちでした。

 

その中でイザイは自分のアイデンティティの一つとして心の支えで有り続けました。

学生のころから苦労させられつつ、弾けない弾けないと思いながら毎年1〜2曲、少しづつ温めてきたような気がします。

 

伝統的な演奏に近づけたかどうかはわかりませんが、今までの多くの教えを踏まえて、自分なりの構築方法はそれなりに体現できたのではないかと思います。

 

今回の良かったところ、また傷をつけたところをふまえながら、

自分の貴重なレパートリーとして、今後も弾いて批評を受ける機会を作っていこうと考えます。

IMG_9158 (2).JPG

 

 

 

今回も多くの頂き物。ありがとうございました。

IMG_8648.JPG

 

 

本番を終えてぼんやり考えて過ごしている中、3日後くらいに次回予定のソロプロジェクトの候補曲の譜面が届いた。

バッハとの組み合わせとして同時代の組み合わせを探した結果、はるばる地球の裏側から。茶色い分厚い封筒の匂いが好き。

そういえば1ヵ月前に注文したのだった。うむ、いいペース。しかし果たしてこの子たちを弾けるのか。。

IMG_9065[1].jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM