次の準備。生徒編

  • 2015.03.07 Saturday
  • 00:02
前回の室内楽を終えてから、すぐに半年後8月の発表会始めの日程を決め、すでに会場を仮押さえした。
室内楽をテーマとしたが、特にそこにこだわる予定はないです。ソロを弾いても良し。
ただ概ね好評だったので、ニーズがある限り続けます。

したことを続けることが重要であるしそれが難しい。
自分の教室ではしばらく、生徒の発表会を年に2回で回していきます。

多くの物事同様、楽器を上達させるには、課題設定→練習→実践、このサイクルを繰り返していくことになる。
それをある程度教える側でコントロールをするし、その意識を本人が意識することが出来ればなおうまくいく。

自分の印象として、音楽は上達の実感が生徒自身の判断ではし難い習い事だと思う。
級検定やテストのある語学や細かい規定による和の習い事の許し状など、ステップを社会的具体的に与えられて実感できることに対して、音楽の評価はあくまでその場での個の主観に左右される流動的なものだ。
だからこそ、強い主体性と適切正確な客観的自己評価の割合が大きい。
自分の生徒に教える方針は、実はそこをベースにしてしているのかもしれない。

ちなみにレベルの高いコンクールやオーディションという形で評価を受けることは、それにクリアできるに適ったことであろうし、自身の動機としても好ましい。もっともそれが出来る生徒とタイミングは限られているし、もはやプロの道への範疇だ。
運の要素も含まれてくるし、不確定な必然性と結果論のやり取りになる。

その時々に必要かつ適切な曲をタイミングよく辛抱強く練習することもモチベーションに関わる。もちろんその前提に、よい音を常にキャッチして保持できるテクニックを持っておくことがある。
導く側としては、適した課題を含んだ曲を必要なタイミングで生徒に提案できることが大事な仕事になる。

話を戻すと、課題を設定し曲を絞って練習して、それを実践すること。
楽器を演奏する目的は、誰かのために音楽を提供すること、人前で弾くこと。
それをより多く経験することが上達の近道だ。
自分としてはそのための準備の機会を少しでも多く提供できればと考えている。

生徒によっては、1年に1度がちょうどよいという方もいる。逆に意欲と時間のある人は半年に1回がよいと言う。
子供の生徒だったら、ステップアップを早めるため、またコンクールを受ける予行としてもっと多いほうが適切だろう。
いずれにしろ、選択肢を用意しておくにこしたことはない。

もうひとつ、以前の傾向として経験者は積極的に会に参加するのに対し、初心者(特に大人)の方は遠慮しがちだった。
もう少しうまくなってから、という理由が多い。
現在50人弱の生徒さんのうち始めて2年未満の方が3割。決して少なくない割合。

自分の経験上、始めの段階で、人前で弾くことになれたほうがよいです。
まず経験して、うまくいかないこと、失敗することが大事。練習して難しいこと段階にあがるほど、自分のハードルも高くすることになる。低いうちに飛んでみること。
その点で、去年の夏の発表会、バイオリンを始めて半年で多忙のため練習も十分出来なかったであろうにもかかわらず参加した某企業の社長さんは、それをよく分かっているよな、と感心した。

もしかしたら経験者への気兼ねや、恥ずかしさもあると思う。
そんなことも踏まえて、提案により次回8月は初心者中心の会も別日に設けることを予定しています。
なので、2日間を本番日として押さえています。両日参加も可能にするかも知れません。
気軽に参加して参加してもらえればと思います。


ヴァイオリン教室
Jun Tomono VIOLIN SCHULE
http://jt-violin.com/index.html

 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM