大聖堂博物館〜レジデンス

  • 2014.09.15 Monday
  • 06:56

9月6日
少し遅く起きて、近くにあるモーツァルトの住んでいた家から行きます。
IMG_7733.JPG

ここの階のフロアを父レオポルドは生涯すべて借りていたようです。
ヴォルフガングへの手紙には金がないと散々脅していたのに対し、実際はヴォルフガングと(ナンネルと)の度重なる演奏旅行の結果、かなりの額の財産を持っていたようです。
IMG_7735.JPG

写真はありませんが、前半の情報は特に、モーツァルトについて学ぶよい材料がそろっていると思います。
後半の肖像についてのコーナーは、なんとなく字余りな気がしました。
去年は急ぎ足で眺めただけですが、今回はいろいろ確認できました。
IMG_7734.JPG

橋を渡り、旧市街へ入ります。
IMG_5405.JPG

モーツァルトの生まれた家の前がすごいことになっていたので、ここは後回しにします。
IMG_5406.JPG

ザルツブルク博物館を見学しました。去年の旅では、ここを見ている途中で時間切れになりました。
IMG_8247.JPG



今の期間はの特別展示は、ザルツブルクと第一次世界大戦でした。
世界史の教科書で見たことがある風刺画がありました。
IMG_5411.JPG

サラエヴォ事件の瞬間の写真。
去年、ここウィーンでの軍事博物館では、その事件のコーナーがありました。
皇太子が着ていた弾痕と血糊のある礼服や、実行に使われた銃、同じタイプの車など。
このウィーン軍事博物館は、後日載せようと思います。
IMG_5413.JPG


IMG_5414.JPG


IMG_5417.JPG

これは大聖堂前の様子でしょうか。閲兵式のようです。
IMG_5419.JPG

次の写真はかつての日本の状況のようです。
兵器に使える金属を徴収しています。
IMG_5422.JPG

IMG_5423.JPG


IMG_5431.JPGIMG_5442.JPGIMG_5435.JPG

手足を失った兵士の治療と義手、義足。
IMG_5439.JPG

IMG_5443.JPG


IMG_5444.JPG

ちなみに去年のここには、ザルツブルクのバロック時代の展示があったのが、今年は大聖堂博物館に移ったようです。
(その過程は後ほど。)去年のものを少し。
IMG_8214.JPGIMG_8220.JPG

IMG_8221.JPGIMG_8223.JPG
IMG_8228.JPGIMG_8230.JPG



通常展示は、ザルツブルク出身の画家の紹介を兼ねて、ザルツブルクの風景の変遷から始まります。
ここはザルツブルクの歴史についてかなり理解を深められる場所だと思います。
もっとも去年は意味が分からずうろうろしていましたが。。。
IMG_5445.JPG


IMG_5447.JPG

IMG_5448.JPG

IMG_8236.JPG

IMG_8232.JPG

大司教が絶対権力をもっていただけに、その紹介のコーナーも詳しいです。
モーツァルトと決別しザルツブルクから放出したときの、ヒエロニュムス・コロレド大司教の肖像です。
同時に彼は、ナポレオン戦争に巻き込まれた当事者でもあります。
IMG_5449.JPG


IMG_5451.JPG

向かいのカプツィーナー修道院から眺めた絵です。
IMG_5463.JPG

IMG_5464.JPG


IMG_5466.JPGIMG_5465.JPG


これは、前日のウンタースベルクから石灰石を切り出す様子らしいです。
IMG_5472.JPG


IMG_5476.JPG


IMG_5478.JPG

ザルツブルク博物館を出ます。
IMG_5487.JPG

IMG_5488.JPG



IMG_5489.JPG

前日に行かなかった大聖堂博物館に入ります。
IMG_5544.JPG


大司教の権力をこれでもかと見せ付ける展示です。
IMG_5493.JPG




IMG_5495.JPGIMG_5496.JPG


IMG_5497.JPG

ややこしいのですが、ここからレジデンスに移ります。
今年から大聖堂博物館と隣接するレジデンスが通り抜けが出来るようになり、Dom qoartierという形で一体化された展示になったようです。
去年はたしか大聖堂博物館、レジデンス、レジデンスギャラリーと別の料金で、入り口も個別に入りなおしました。
もともと聖堂とレジデンスとも大司教のもので、建物はぴったり隣接していて、実際司教は直に移動していたということでしょう。
IMG_5498.JPG

IMG_5501.JPG

IMG_5502.JPGIMG_5506.JPG


IMG_5512.JPGIMG_5513.JPG

IMG_5515.JPG

ここからは、レジデンスギャラリーに移ります。
IMG_5521.JPG

IMG_7898.JPGIMG_7895.JPGIMG_7896.JPG

移動の過程で、レジデンスと大聖堂をつなぐバルコニーに出ます。

IMG_5522.JPG

IMG_5523.JPG

IMG_5526.JPG


それから、大聖堂の大オルガンを横切って大聖堂博物館に帰ってきます。
IMG_5528.JPG


IMG_5529.JPGIMG_5538.JPGIMG_5542.JPGIMG_5543.JPGIMG_5539.JPG

IMG_5492.JPG

しっかり見るにはかなり時間と体力が必要です。
IMG_5491.JPG

レジデンスコンサートを15:00から聴きました。ソプラノとチェンバロでした。
歌はモーツァルトのアリアをいくつかでした。
鍵盤は、(確か)ウィリアム・バードとゲオルグ・ムファットの作品がすばらしかったです。
IMG_5546.JPG


IMG_5547.JPG

そういえば、この(旧)レジデンス内のこの会場横の窓に、去年は猫がいたので探したのですが、今年はいませんでした。
IMG_7868.JPG

IMG_7871.JPG


続く


Jun Tomono VIOLIN SCHULE
http://jt-violin.com/index.html



 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM