ご報告

  • 2019.04.15 Monday
  • 10:58

 私事ですが、先日妻が無事に出産しました。

 

入院から1週間は皆勤賞で病院通いでした。

 

立ち合い出産をしましたが、とても神秘的な経験でした。

 

女の子でした。

 

親バカになるかもしれません。

 

育児が加わり忙しくなりますが、

 

今後も仕事に励んでまいりますので、今後もよろしくお願いいたします。

 

IMG_4335[1].jpg

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

 

 

 

 

 

  • 2019.03.10 Sunday
  • 00:00

土曜日の午前3時、実家の猫が死んだ。

 

両親からのメールで知った。体調が悪いのは聞いていたが、期待より早く旅立ってしまった。

その日のレッスンが終わると、実家へ向かった。

 

あの猫は、自分が20歳くらいのとき、一番やさぐれていた時期に(家に帰ることが減っていたので意味の通り、やさぐれていた)、

夜遅くに家に帰ってみると、自分のベットの上に行儀よく座ってした。たいそう大きくゴロゴロと喉を鳴らしていた。まるでニコニコとと笑っている印象だった。一目ぼれ的な感覚があった。

 

 当初は例えると、ヘップバーンや伊東美咲のような細さであったのが、だんだんとずんぐりしてきてしわがれ声になっていったが、記憶というのは絶対に変わらない。あのころ撮った写真はどこにいったのだろうか?

 

自分が、実家を出るときにいつか外に出してあげようと(勝手に)約束をしたのだが、それは果たせなかった。

ただ、この家にいることができたのは彼女にとって幸いだったと思う。

 

 彼女は、出会った同じ場所、自分の部屋で丁寧に段ボールに入れられていた。

 

その姿を見た時、必然として、数秒の間自分の喉はやや甲高いうなり声を発していて、その後理性がそれを抑えていた。

 

悲しいという感情の表現でなく、記憶と身体の直接的な接続であった。

 

こうあるはずの過去という現実が、今の現実にクシャっと形を変えられた瞬間に、心の変化を通り越して身体が反応した感覚だ。

 

もしくは心臓を直接握られる感覚とはこんなだろうか、もちろん経験したことはないけれど。

 

横たわる身体を触ってみると、1年前に亡くなった猫よりも冷たくはなく、硬直も緩やかだった。

 

そのやや乱れた毛皮をなでながら、何年か前に収めていた画像や動画を見ていた。

記録しておいて良かった。

 

 

明日には、彼女の身体は庭のどこかで土の下にいるだろう。

 

幸いしばらくすれば、自分も近くにいることができる。

 

いつまで記憶の表面に残っているだろうか。

 

だから、記憶に埋もれていくその時までは、毎晩心の声をかけよう。

 

 

 

 

IMG_3043.jpg

 

 

 

 

IMG_3037.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

おやすみ、くりさん。

IMG_3977.jpg

 

 

 

 

 

 

道具は大切

  • 2019.03.07 Thursday
  • 18:38

 

仕事場の引っ越しに伴い、しばらく新しい家具や備品がレッスン場でも住居でも必要となる。

 

いろいろと選択がある中で、組み立て家具は安くうまく作ればかなり重宝するのだが、意外と時間と体力がいる。

 

先日、台所の大きめのレンジ台を購入したのだが、通常のドライバーでの組み立てに2時間ほどかかり、とうとう手に何か所か豆をつくってしまった。

 

どうしたものかと考えていたところ、その次の日に散歩をして東急ハンズで物色をしていたら、こんなかっこいいものがあった!

 

ドイツ製のボッシュ社の電動ドライバー。どうしていままで思いつかなかったのだろう。

さっそく衝動買い。

 

IMG_3934.jpg

 

 

手に持ってみると、程よく重さがあり握った感触がとても安定している。

レーザー銃のような見た目でかっこいい。

IMG_3936[1].jpg

 

 

先端に付ける付属の、ドライバーは多くの用途に適応している。

さらに別売りのオプションにより、電動カッターやドリル、ペッパーミルとしても使うことができる。

IMG_3939[1].jpg

 

 

 

さっそく使ってみた。

収納スペースのためにテレビ台を購入したので試してみる。(うちにテレビはないんだけれど。)

IMG_3940.jpg

 

 

 

業務用のような重量はないので、ある程度自重をかけて押し込むことになる。

充電式で、バッテリーがなくなってくると、負荷オーバーのランプが点灯する。

上の赤いスイッチにより、ねじ込むだけでなく、逆回転させてねじを抜くこともできる。

先端には、ポイントライトが付いていて、回転させると同時に作業部分を照らしてくれる。

IMG_3953.jpg

 

 

結果的にゆっくり作業をしたので、時間的にはそんなに変わらなかったが、慣れて集中すれば大幅に短縮できそうだ。

なにより作業が楽しい。

IMG_3962.jpg

収納ケースも洗練されていて、見た目も良い。

これが5000円ほどで買える。

 

なんだか通販のCMみたいになってしまった。

 

 

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスン部屋を整える。

  • 2019.03.04 Monday
  • 17:26

何とか、引っ越しを無事に終え、仕事場としての機能は作ることができたので、

 

ここでのレッスンを始めました。

 

元からの本棚やテーブルはそのまま使っていますが、新たにソファー類、空気清浄機を購入しました。

 

優柔不断なので、それぞれの備品を選ぶのに相当悶々と悩みました。

 

小さいゴミ箱を選ぶのに、半日かかった気がする。。

 

まだ必要なものがあるので、生徒さんの意見も聞きながら、揃えていこうと思います。

 

しばらくは訪れるごとに新しいものが増えているかもしれません。

 

お楽しみに。

 

IMG_0062.jpg

 

IMG_0052.jpg

 

 

IMG_3925.jpg

 

 

カーテンはレースのみの予定ですが、相変わらず決まらず、1週間ほど悩んだうえでうやく決定しました。

 

植物のモチーフが好きなので、選択しのうち景色が見えるように透明度の高いものを選びました。

このような候補がありました。

137731913-5.jpg

 

birdforest-gn-1.jpg

 

 

pouta-la-5.jpg

 

 

 

 

 

植物といえば、観葉植物は置きたかったので、ビルの向かいにある園芸店に行き、探してきました。

とりあえず、バランスよさそうな葉の組み合わせで2鉢用意しましたが、

どれも魅力的で目移りしていたので、次第に増えてしまいそうです。

IMG_3834.jpg

 

IMG_3832.jpg

 

IMG_3830.jpg

 

IMG_3826.jpg

 

 

IMG_3825.jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

 

2月 発表会の報告

  • 2019.03.04 Monday
  • 13:07

 

2月17日、定例の生徒による室内楽発表会を行いました。

 

この発表会ではアンサンブルをするうえでヴァイオリンを弾くことの立場を知ってもらい、実際の演奏に慣れてもらうことです。

今回の目標というか、生徒さんに意識してもらったことは、

 

難しい曲や技術で苦労するのではなく、基本的な技術でできることを大事にすること。

アンサンブルによって作られる音の関係を良く聴いて、もっと純度の高いハーモニーをコントロールできることに気づくこと。

 

従って今回のプログラムは、前半に基本的な和声進行を含み、ゆっくりで長すぎない曲を提案して、そのなかから選んで貰いました。(それでも十分難しいですが。。。)

その発展として、後半はオーソドックスな弦楽四重奏の曲を丁寧に弾いてもらうよう試みました。

 

最後に、参加者有志でシベリウスのアンダンテフェステーヴォを合奏で弾いてみました。

 

なので、今回は参加者は多くて合計3曲を弾いてもらったことになります。

 

演奏の支えとして、知人である中部フィルの原さんにサポートしていただき、自分は主にヴィオラを担当させていただきました。

 

今回のプログラムは以下の通り。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

1. G線上のアリア」 管弦楽組曲3BWV1068より / ヨハン・セバスチャン・バッハ (1685-1750)

    „Air” aus Orchestersuite N.3 / Johann Sebastian Bach

 

 

2. 「サラバンド」 ハープシコード組曲集 2巻 より / ゲオルグ・フリードリッヒ・ ヘンデル (1685-1759)

    „Sarabande“ aus Harpsicord Suits N.2 HWV437 / Georg Friedrich Händel

 

3. 「ピエ イエズ」 レクイエム Op.48 より / ガブリエル・フォーレ (1845-1924)

   „Pie Jesu“ aus Requiem / Gabriel Fauré

 

 

4. 「私を泣かせてください」 歌劇「リナルド」より / ゲオルグ・フリ−ドリッヒ・ヘンデル(1685-1759)

    „Lascia ch'io pianga aus Opera „Rinaldo” / Georg Friedrich Händel

 

 

5. アダージェット 「アルルの女」第1組曲 より/ ジョルジュ・ビゼー(1838-1875)

   Adagietto aus L'Arlésienne” suite N.1 / Georges Bizet

 

 

6. イタリアーナ 「リュートのための古風な舞曲とアリア」3組曲より / オットリーノ・レスピーギ (1879-1936)

 Italiana aus Antiche danze ed arie per liuto” n.3 / Ottorino Respighi

 

   

7.  間奏曲 歌劇「カヴァレリア ルスティカーナ」より /  ピエトロ・マスカーニ(1863-1945)

     Intermezzo aus Opera „Cavalleria Rusticana“/ Pietro Mascagni

 

 

8. 亡き王女のためのパヴァーヌ / モーリス・ラヴェル (1875-1937)

   Pavane pour une infante défunte / Maurice Ravel

 

 

〜〜〜〜

 

9.メヌエット 「 アンナ・マグダレーナ・バッハのための練習帳」より  / J.S.バッハ?

 Menuett aus Notenbüchlein für Anna Magdalena Bach” BWV anh.116 / Johann Sebastian Bach?

  2重奏 「婚礼歌」、「夏のカノン」 / 作者不詳

   Duo „Wedding song“(17c) n. „Summercanon“(13c) / Anonymous

 

 

10. ピアノ三重奏曲 ニ短調 Op.120 より 1,3楽章  / ガブリエル・フォーレ

  Trio pour piano, violon et violoncelle 1, 3 mov. / Gabriel Fauré

 

〜〜〜〜

 

11. 弦楽四重奏曲 ハ長調 kv.157 より 1楽章 / ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)

      Streichquartett C-dur Kv.157 1.Satz / Wolfgang Amadeus Mozart

 


 

12. ディヴェルティメント ニ長調 Kv.136 より 1楽章 / ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

       Divertiment D-dur Kv.136 1.Satz / Wolfgang Amadeus Mozart

 

 


 

13.  弦楽四重奏曲 ハ長調 Op.76-3 「皇帝」 より2楽章 / ヨーゼフ・ハイドン(1732-1809)

    Streichquartett C-dur „Kaiserquartett“ 2te.Satz/ Josef Haydn

 

 

14.  弦楽四重奏曲 ニ長調 Op.64-5 「ひばり」 より 1楽章/ ヨーゼフ・ハイドン

   Streichquartett D-dur Lerchenquartett“ 1.Satz / Josef Haydn

 

15アンダンテ フェスティーヴォ / ジャン・シベリウス (1865-1957)

         Andante Festivo JS34/ Jean Sibelius

 

〜〜〜〜   


 

16. 弦楽四重奏曲 2番 ニ長調 より 3楽章 / アレクサンドル・ボロディン (1833-1887)

  Streichquartett N.2 D-dur 3.Satz / Александр Бородин,

 

 

17. 弦楽四重奏曲 変ロ長調 Kv.458 「狩り」 より1楽章/ ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

      Streichquartett B-dur Jagdquartett” 1.Satz / Wolfgang Amadeus Mozart

 

 

18. 弦楽四重奏曲 ニ短調 D810 「死と乙女」 より 1楽章 / フランツ・シューベルト(1797-1828)

      Streichquartett d-moll „Der Tod und das Mädchen“ 1.Satz / Franz Schubert

 

 

19. ピアノ三重奏曲 ハ短調 Op.66 より 1楽章 / フェリックス・メンデルスゾーンバルトルディ (1807-1847)

      Trio für Klavier, Violine und Violoncello Op.66 c-moll 1.Satz / Felix Mendelssohn Bartholdy

 

   

20. アンダンテ フェスティーヴォ JS34 / ジャン・シベリウス

  Andante Festivo / Jean Sibelius 

 

IMG_9949.jpg

 

 

IMG_9936.jpg

 

IMG_9941.jpg

 

 

IMG_9946.jpg

 

 

 

IMG_9953.jpg

 

 

IMG_9956.jpg

 

 

 

IMG_9972.jpg

 

 

IMG_9975.jpg

 

 

IMG_9976.jpg

 

 

IMG_9980.jpg

 

 

IMG_9982.jpg

 

 

 

IMG_9989.jpg

 

 

IMG_9995.jpg

 

IMG_0001[1].jpg

 

 

 

 

 

 

IMG_0005[1].jpg

 

IMG_0007[1].jpg

 

IMG_0010[1].jpg

 

 

IMG_0014[1].jpg

 

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://www.jt-violin.com/index.html

 

 

 

教室の引っ越し

  • 2019.03.01 Friday
  • 13:00

 

将来のことを踏まえ、教室の場所を移転させることにしました。

 

生活と仕事を切り離すこと、より質の高いレッスンと、生徒のために良い環境を考えた結果です。

 

現在の場所から少し離れましたが、なかなかきれいで広い物件を見つけたので、さっそく引っ越しや新たな備品の準備です。

 

10階建てのマンションで9階の部屋、10畳以上の広さがあるので、室内楽などの練習をするにも十分なスペースです。

IMG_3782.jpg

 

外の景色は、スカイツリー、東京タワー、池袋と新宿の高層ビル群がはっきり見渡せて、

それだけでもここにくる価値があると思います。

IMG_3790.jpg

 

およそ6年間お世話になった部屋は、最後のレッスンを終えて運び出す準備をしました。

しばらくは新たな生活の場としてにぎやかになります。

 

仕事場だけの引っ越しなのでそれほど多くはありませんが、それでもピアノ1台、楽器が10挺以上、本棚が3つ、冷蔵庫1、譜面や書籍など段ボール8個になります。

IMG_3879.jpg

 

 

まずは先にピアノを専門業者さんに運んでもらいました。

前の仕事場の階段を降ろすのは身体に悪いほど大変な作業だったと思います。

お礼は多めにさせていただきました。

IMG_3883.jpg

 

 

何とか、3月1日のうちに最低限の環境を作って、2日からレッスンを再開します。

 

 

続く

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://www.jt-violin.com/index.html

 

 

達磨の送別

  • 2019.02.01 Friday
  • 21:00

 

ある暖かい夜に散歩していたところ、見慣れないものと目が合ってしまった。

 

誰かが願掛けをしてそれが成就したのだろう。

処分の仕方としては問題ないようだが、そのままにしておくのは忍びないので、

散歩を中止してとりあえず家まで抱えて運んできた。

高さは約50僂△襦かなり大きい。

 

仮に鈴木さんとする。

 

IMG_3478.jpg

 

 

ちなみに、4年前にゴミ捨て場から家に来た熊は、今や教室のシンボルとなっている。

IMG_3613.jpg

 

 

とは言え、さすがに鈴木さんまで家に置いておくことはできない。

達磨の供養をしてくれる場所はないか?

 

現時点で条件が良かった、西新井大師へ行くことにした。

池袋からバスで45分。

 

IMG_3496.jpg

 

IMG_3498.jpg

 

 

 

仲間がたくさんいる。

IMG_3493.jpg

 

 

IMG_3495.jpg

 

 

草団子は残念ながら買いそびれた。

IMG_3503.jpg

 

 

IMG_3506.jpg

 

 

IMG_3510.jpg

 

IMG_3511.jpg

 

IMG_3520.jpg

 

 

 

現実のお別れは突然やってくる。

無言で受け付けのおばさんに渡すだけ。

劇的なドラマがあるわけではなく、荘厳なレクイエムは流れず。

頭の中で補完するのみ。

 

 

 

IMG_3513.jpg

 

 

 

おやすみ、鈴木さん。

 

 

 

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://www.jt-violin.com/index.html

 

リサイタルのお知らせ 12月16日 

  • 2018.11.26 Monday
  • 13:57
Project Solo vol.8
2018.12月16日 (日)
14:30開場  15:00開演 
*昼公演になります。
場所
日本基督教団 巣鴨教会 
二階 礼拝堂

 

プログラム


J.S.バッハ
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 1番 BWV1001 g-moll

無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ1番 BWV1002 h-moll
H.I.ビーバー
ロザリオのソナタ集より パッサカリア
J.J.ヴィルスマイアー
ヴァイオリンのためのパルティータ5番 
*万が一プログラムが変更の場合はご容赦ください。

 

大人 3000円
大学生以下 2000円
チラシ、チケットについては直接ご連絡いただくか、チケットサイトカンフェッティにて販売しています。

2018 リサイタル 冬 表 2.jpg

 

 2018 リサイタル 冬 裏.jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

 

 

ザルツブルク ウィーンの旅 2018 part5

  • 2018.10.30 Tuesday
  • 12:48

 

ウィーン散歩の続きです。

 

IMG_5183.jpg

 

 

早朝の聖堂は慎ましくミサが行われていて、日中の喧騒と対照的。

IMG_5185.jpg

 

 

 

IMG_5188.jpg

 

IMG_5191.jpg

 

 

南塔へ登るのであれば、9時のオープン時間に合わせてすぐ登ってしまうほうが良い。

登る階段が狭く、すれ違いのため渋滞になるので、人が多くなると時間がかかります。

IMG_5200.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5201.jpg

 

 

開くのを待つ。

IMG_5214.jpg

 

 

 

IMG_5204.jpg

 

 

 

IMG_5207.jpg

 

 

IMG_5205.jpg

 

 

 

IMG_5212.jpg

 

 

IMG_5215.jpg

 

IMG_5222.jpg

 

 

 

IMG_5216.jpg

 

 

 

IMG_5218.jpg

 

 

人が増えてきたので、そろそろ引き返す。

IMG_5224.jpg

 

 

 

IMG_5234.jpg

 

 

IMG_5235.jpg

 

 

IMG_5229.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5232.jpg

 

 

 

IMG_5237.jpg

 

 

この日はスペイン乗馬学校の演目を見るので、それまで少し寄り道をする。

IMG_5239.jpg

 

 

 

IMG_5240.jpg

 

 

 

 

IMG_5243.jpg

 

 

 

IMG_5245.jpg

 

 

 

ベートーヴェンの住居跡のひとつ。

数少ない、城壁跡の高台に残されている建物。

以前あった、5つペダルのピアノがなくなっていたので聞いてみると、ハイリゲンシュタットの家に移したとのこと。

後で考えてみると、展示品が少なくなっていたので、もしかしたら将来的にここは閉じて、ベートーヴェン関係はハイリゲンシュタットに集中させるのかもしれない。

IMG_5248.jpg

 

 

 

 

IMG_5246.jpg

 

 

乗馬学校のホール。チケットボックスと異なる場所にあり、注意。

IMG_5250.jpg

 

 

 

IMG_5251.jpg

 

 

こちらは撮影禁止。

スペイン乗馬学校は、ルネッサンス時代からの乗馬技術をおよそ450年伝え続けていて、

ユネスコ無形文化遺産に登録されているそうです。もっとも、それを意識して見たわけでなく、単にシューベルトやモーツァルトの音楽の拍感の一つであるウィーンの馬のステップを一度確かめておきたかったので。

参考までに。https://www.srs.at/en/about-us/the-spanish-riding-school/

 

IMG_5253.jpg

 

 

 

IMG_5252.jpg

 

 

 

午後は、いつものようにハイリゲンシュタットからカーレンベルクまで登り、ゆっくり歩いてベートーヴェンの家まで行きます。

IMG_5256.jpg

 

 

 

天気もよいので、その先のレオポルドベルクまで足を伸ばす。

IMG_5312.jpg

 

 

 

IMG_5314.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5310.jpg

 

 

以前ボロボロで入れなかった教会の敷地がきれいに工事されていた。

IMG_5261.jpg

 

 

 

IMG_5309.jpg

 

 

 

IMG_5263.jpg

 

 

 

 

IMG_5302.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5289.jpg

 

 

 

IMG_5291.jpg

 

 

 

IMG_5294.jpg

 

 

 

 

IMG_5290.jpg

 

 

 

IMG_5320.jpg

 

 

IMG_5299.jpg

 

 

 

IMG_5264.jpg

 

 

 

IMG_5332.jpg

 

やや霞かかっているが、聖堂とベルヴェデーレも見えた。

IMG_5258.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5338.jpg

 

 

IMG_5362.jpg

 

 

IMG_5360.jpg

 

 

 

IMG_5344.jpg

 

 

 

IMG_5385.jpg

 

 

 

 

IMG_5386.jpg

 

 

ブドウ畑を通って墓地の側を歩くと、ベートーヴェンの小道に出る。

IMG_5392.jpg

 

 

 

IMG_5402.jpg

 

 

 

IMG_5404.jpg

 

 

 

IMG_5405.jpg

 

 

 

IMG_5416.jpg

 

 

 

ベートヴェンの家

IMG_5417.jpg

 

 

IMG_5418.jpg

 

 

以前と比べて展示品の数が増えて、説明も体系的になっていた。

IMG_5423.jpg

 

 

IMG_5424.jpg

 

 

ドイツから来たと思われる方々。

オーディオから「田園」が流れた瞬間、ものすごい反応をしていた。

ウィーンのベートーヴェン。

対して、彼らにとっては自分たちの国が生んだベートーヴェンという気持ちが想像以上に強いのだと思う。

IMG_5419.jpg

 

 

IMG_5427.jpg

 

 

IMG_5429.jpg

 

 

 

IMG_5430.jpg

 

 

続く

 

バイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

 

 

 

ザルツブルク、ウィーンの旅 2018 part4

  • 2018.10.29 Monday
  • 11:49

 

 

今回のウィーン滞在は短いので、どうせならとシュテファン聖堂の目の前にしてみました。

窓を開けるとリーゼン門を眺めることができます。

IMG_4887.jpg

 

 

 

IMG_4888.jpg

 

 

IMG_4915.jpg

 

 

早速出かけます。

午前中のザルツブルクからの移動疲れもあり、周りを少し歩いた後アルベルティーナ宮殿の美術館に行きます。

IMG_4921.jpg

 

 

IMG_4923.jpg

 

 

 

 

IMG_4926.jpg

 

15:00からのペータース教会のオルガンは必ず一度は聴きます。

プログラムには大きい変化はなく何度か聞いた曲が多いですが、ここの音を聴くと安心します。

IMG_4930.jpg

 

 

IMG_4929.jpg

 

 

IMG_4933.jpg

 

アルベルティーナのコレクションは美術史美術館に比べると渋いものが多いですが、時代的にも幅広く網羅して、

違う見ごたえがあります。

IMG_5017.jpg

 

 

 

 

IMG_5014.jpg

 

 

 

 

IMG_4934.jpg

 

 

 

 

 

IMG_4937.jpg

 

 

IMG_4938.jpg

 

 

 

 

IMG_4948.jpg

 

 

 

 

 

IMG_4950.jpg

 

 

 

 

IMG_4952.jpg

 

 

 

IMG_4956.jpg

 

 

 

 

IMG_4957.jpg

 

 

 

IMG_4967.jpg

 

 

 

IMG_4999.jpg

 

 

IMG_4975.jpg

 

 

IMG_5005.jpg

 

 

IMG_5009.jpg

 

 

IMG_5010.jpg

 

 

 

IMG_5000.jpg

 

 

地階は現代美術の展示。

IMG_5028.jpg

 

 

IMG_5031.jpg

 

 

 

IMG_5054.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5061.jpg

 

 

 

ウィーンの歴史の一方の面の象徴。

石畳を磨くユダヤ人。

IMG_5062.jpg

 

 

IMG_5065.jpg

 

 

夜はなかなか人が絶えませんでしたが、3時くらいになってようやく人のいない時間ができました。

写真中央の模様に見える線は、ローマ時代にあったシュテファン聖堂の前にあった礼拝堂を表しているようです。

この下はU1とU3の地下鉄駅になっており、その一角で発掘された遺跡をガラス越しに見ることができたはず。

IMG_5112.jpg

 

 

 

IMG_5139.jpg

 

 

IMG_5147.jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

 

 

 

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM