音楽の材料としての香水

  • 2017.02.18 Saturday
  • 13:43

 

数年前までは、絵を音楽のヒントにしようとしていた。

ヨーロッパに行くごとに、それが文化の象徴だとと言わんばかりに、美術館に足を運び、日本では長野の東山魁夷美術館に2年間、毎シーズン訪れた。それはそれで、自分の音楽へのプロセスだと思う。

同時に、瞬間を切り取った絵(もちろんそこには無限のイマジネーションとストーリーがあるが)という、音楽の流動性との違いを感じた。

 

去年イザイに取り組んだ時には、自分の中で第二次香水ブームで、いくつもサンプルを手に入れて、以前は惹かれながらも躊躇していた香水をいくつか試した。

IMG_8791 (2)-2.jpg

 

 

 

 

 

香水と音楽、音で共通していることは、時間の経過で変化を起こすことと、空間によって運ばれることだ。

用語にも、音楽的表現があって面白い。

 

アコード、トップノート、ボトムなど。

 

音楽の和音の扱いは、香水が刹那ごとの段差、変化を計算して、キャラクターを作ると同時に、柔軟性や時間の流れを生み出している。

多様な素材は、音色につながるし、立体的な構造は音そのものもそうであるし、音楽の構造を考えるに、とても共感を覚える。

 

一つずつの音が、もっと自由であって、自発的に流れたり変化を起こしてもいいんだと気が付いたときに、

 

どれだけ気持ちが救われたことか!

 

 

 

主に、ゲラン、エルメス、その他。中には笑ってしまうようなものにも出くわしたが。

 

結局、自分が意識したものは、20世紀初めのゲラン。

 

ヨーロッパの良き時代であって、イザイの生きた時間である。

ツィエンコ先生が、イザイとベルギーについて話すとき、何度も言っていた、当時のベルギーは本当に煌びやかだったんだ、キラキラしていたんだ、と。

 

結果的に、現在普段使いしているのは、ゲランに落ち着いて、一番にルールブルー(贅沢。。)

時々シャリマーやランスタン。ミツコと夜間飛行は、オードトワレを持っている。

おかしなことだが、すべて女性用、ホモではないです。。

それからオリエンタルが好みなようだ。数年前にサムサラを使っていたが、今考えると恥ずかしい気もする。

 

系統の違うアンソレンスのパルファムは、付けた瞬間に気持ち悪くなったが、慣れとは恐ろしいもので、だんだん良い香りに思えてきた。

女性の方が好むらしく、生徒さんの中には、すごくいい匂い、という方がいたので、ルームフレグランスとして時々散布している。

 

 

なぜルールブルーか。

ルールブルーは1912年の作品。第一次世界大戦前、 緊張を帯びながらも人々が謳歌していた西ヨーロッパのベルエポックを象徴しているのではと考えた。

直観で、自分が一番好きになった香り、ということもあるし、意識的に、20世紀始めに存在したい、という願望でもある。

20世紀の前半は、ヴァイオリニストたちの全盛期でもあったから。

 

 

 

香水の事は、全く知識がなかったので、いくつか書籍も読んだ。

特に、左の「世界香水ガイド供廖焚甬遒貌匹鵑性気硫訂)は2人の作者のかなり偏った批評集だが、それがまた面白い。

とりあえず、サンプルで手に入るものはことごとく試して、☆の数とともに、気に入らないものは、数行(時には1行)で、さらっと貶している一方、思い入れのあるものは、徹底的に書きたいことを書く。

いずれにしろ、ある意味徹底している。

 

この本で、自分にとって学んだことは、(偏った)知識と共に、逆説や対比などのレトリックを巧みに使った皮肉。

 

これは自己批判をすることに、役に立ったと思う。

 

IMG_8793-2.jpg

 

 

 

今年は、どんなことを音楽の素材にしようか。

 

一つ言えることは、いずれは身の回りのことや人、自分自身に立ち戻って音楽にしていくことが求められて行くのだと思う。

 

小説家と同じく、結局表現を説得力あるものにして、リアリティを求めるには、

その個人の実体験の範囲でしか、物事を語れない。

 

そのためには、自分に多くの体験をさせることだ。

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

 

 

今年のネコさんたちとの関係

  • 2017.02.15 Wednesday
  • 23:15

 

 

自分のネコ狂いは、すでに知られていること。

今年は忙しく過ごす予感がするので、ネコさんたちとはあまり会えないかもしれない。

 

関係ないが、最近ライオンに触ってみたいという欲求が止まらない。

噛まれても、ひっかかれてもいいから。

IMG_9708.JPGIMG_9710.JPGIMG_9713.JPG

 

 

 

 

時々行く近所の巡回で出会うネコさんたち。

IMG_2320-2.jpg

 

 

IMG_9772-2.jpg

 

 

IMG_2350-2.jpg

 

 

この二人はとても仲がいい。うらやましい。

去年の10月くらいには近づくと逃げられていたが、

足の間をすり抜けてくるようになった。

立ち去ろうとすると、追いかけてくる。

やめてくれ。。

IMG_9765-2.jpg

 

IMG_2354-2.jpg

 

 

 

この方は、5年前にこの辺りに住み始めてからの関係。

一時期は毎日、会いに行っていた。

結構お年でおそらく16〜18歳は超えている。

IMG_9696-2.jpg

 

 

IMG_9819-2.jpg

 

 

IMG_9681-2.jpg

 

 

 

よく膝の上に乗ってくれる。

神社の前を通る人で、彼女から恩恵を頂いている人は多いと思う。

IMG_9823-2.jpg

 

 

5年の付き合いの間、次第に白い毛の部分が増えて、シルエットが細くなっていくのがよく分かった。

足元も次第に弱ってきている。

去年の12月に亡くなってお別れのあいさつにいった実家の猫の姿に似てきた。

彼女も、自分が高校の時から存在してくれた方。

 

今年の春まで持つといいなあ、この神社の桜が咲くまで。

 

 

 

体調の良い日には、外で神社を訪れる人を眺め、近づいて愛情をあたえてくれる。

何年間、こうしてきたのだろうか。

苦しい時、夜中に神社に行ったらちゃんといて、とても救われたこともある。

 

とても神聖な力を持っている方だと思う。

長い間、たくさんの人を救って来ただろう。

みんな、彼女に感謝しているに違いない。

 

IMG_9873-2.jpg

 

 

最後まで、冷たくなるまで、この手を握っていられたらと、思う。

その感覚が、自分の手に残る。

 

少しでもその力を引き継げることを、切に願う。

IMG_9878-2.jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

年始早々のお悩みと、今年の抱負

  • 2017.01.23 Monday
  • 10:24

 

年始に、いつも通りにどこかに出かけるつもりだったのが、体調を崩して家でゆっくりしていました。

行った場所といったら、病み上がりにお正月からしばらくしてフラフラしながら、

明治神宮にいったこと、新宿御苑を散歩したことくらいか。

ちなみに、おみくじは一回で大吉でした。

 

それからここしばらく、去年のこと、さらにはこれまでの自分のあり方、音楽との関わりを考え始めたらきりがなくなり、

しきりに、ウンウンと悩んでいました。

 

 社会や環境の音楽への需要の変化をここ数年で大きく感じたこと、

一方ある意味で「変わらない」音楽を続けることの、個人としての行き詰まり感。

一人を自負して、音楽を生活を続けることで頑固になってくる、感情や習慣への自覚と焦り。

 

世の中の流れの中で、音楽のあり方の変化は見えにくいですが、

変わらないという条件内に、変わることが同時に求められていて、

 

単にその束縛から逃れようと逸脱してもダメ、

でも変わらない成長しないというのはもっとダメで取り残されます。

それは社会の切り口をどうとっても共通していることですが、

音楽をして世の中を渡ることは、間接的に遅れて結果が出てくる分、難しいかじ取りが求められていると思います。

 

 

違う話になりますが、この数年、ウィーンを中心としてヨーロッパを歩いていると、

過去の遺産への依存の危機感、新しいものを作ることの難しさを感じました。

このまま行くと100年後ウィーンの価値、もっと言えば遺産そのものが残っていないのではと考えてしまいます。

 

クラシック音楽をするということは特に、基本的にはもっぱら過去の音楽家の遺産を引っ張り出す行為であって、それを多くの人が何度もひっくり返して粉ねって見ればみるほど、その瞬間ごとに新しく再現し直されると同時に、知らないところで消耗されて、恐ろしいほどの出涸らしになっているのではないかと想像すると、とても怖くなります。

しかも、時間がたつにつれ、その音楽はより過去へと遠ざかります。

 

音楽を受け取る側も、変わらないものを求めながらも、内面ではその惰性の心地よさを求めるなかに、それに無意識にいらだちに似た感覚をため込み、その人の中で変化が起きた時に、変わらない音楽からに対してお別れをするか、距離を置くでしょう。

 

いままで自分がしてきた音楽との関わりは、自分の内側へのアプローチであって、かつ、

変わらないための音楽を自分に取り込み続けることで、その吸収を常に新しい自分として認識していました。

 

 

その過程が終わり、限界を感じたのが去年で、その意味で去年の特に前半は、自分は動いていなかった時期だったと思います。

長い間、音楽、楽器、仕事として続けることで、次第に心が音楽から離れていました。

 

去年のイザイ全曲のリサイタルは、今までの変わらない自分の音楽への限界であって、結果として自分を出涸らしへと追い込みました。

それでもその後、ちゃんとヒントはあって、不毛の旅から帰ってすっからかんになった時に、生き方への変化の渇望と共に、バロックの音楽へのアプローチが必然的にやってきました。そしてそれが、使い切ったスタンダードでなく、自分で方法を考え、生みの苦しみと、新しい結果が出たこと。オリジナリティに次第に手ごたえを感じて

 

12月のリサイタル出来は50パーセント程度でしたが、その不出来の部分が「変わらないこと」に未だ依存していたことに原因があると考えます。変わることを怠った部分で、敢えてそうしていた気もします。

 

その意味で、今回バッハの音楽は犠牲になってもらいました。違う言い方をすると、今までのバッハとお別れする儀式として必然だったのだと思います。

 

そこからモダン楽器の演奏スタイルを見直した時に、全く違うアプローチが可能なのかもしれないと気が付いたこと。

今続けている、無伴奏のリサイタルシリーズは、この分野のプログラムの範囲から全部で10回くらいかなと考えています。

まだわかりませんが。

今年は5回目6回目にあたり、ちょうど節目であって、

次回は、パガニーニのカプリーズ全曲をやろうと思っています。

そして演奏技術の新しいアプローチ、さらには自身のキャラクターの確立と魅せ方などが内在してくることを期待しています。

6回目は、古くて新しい、バロックをさらに試みること。前回手を付けたロカテッリやヴェストホーフなどもとても魅力的ですし、まだ手を付けていない何人かのヴァイオリニストたちのプログラムがあるので、そこに楽しみを予感しています。

 

幸いにも自分の楽器の為の身体は未だ健在で、テクニックに対する負荷に十分に耐えられて、いまだに少しずつ成長している気がします。それはとてもありがたい。

 

ウンウン内心悩んでいるときに、ある方に言われた言葉が確かこんなニュアンスで、印象に残っています。

 

「先生は音楽をやめないですよ、やめたらバチが当たります、罰じゃなくてバチです。」

 

人からの助言を受けることが少ない自分ですが、

私はこれをある意味、神託と思っています。

 

 

悩んだ末の今年の抱負として、抽象的ですが、

 

大きな変化を受け入れること。

それに応えられるように準備すること。力をつけること。自己変革を促すこと。

人の助言を求めること、よく話を聞くこと。

仕事に対して、人に対して、自分の生き方に対して真摯に向き合うこと。

 

 

そして、音楽をすること。

 

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

リサイタルの報告とお礼

  • 2016.12.28 Wednesday
  • 01:50

 

先週の17日に、無事4回目の無伴奏リサイタルを終えることができました。

この場を借りてお礼を申し上げます。

IMG_2268-2.jpg

 

 

今までのバロック以前の曲を演奏する際に感じた中途半端さや居心地の悪さ、疑問を考える為に、

今回はプログラムの年代に合わせたバロック弓(17世紀後半〜18世紀前半)からとガット弦で臨みました。

 

ピッチはいくつも試しましたが、今回は423〜425Hz前後にしました。

 

今回のプログラムは以下の通り。

バッハ前後の当時のヴァイオリンニストや作曲家の作品です。

「バッハ」を基準にしつつも、バッハ中心の音楽史感から、バッハを当時の音楽の流れの一部として、もっと言えば主役でなく傍観者としての位置づけにしてみて、見える景色があるのでは、という狙いです。

 

ロカテッリ / ヴァイオリンの技芸 24 capricci より 1.2番

Pietro Locatelli / L'arte del Violino

 

ヴェストホーフ / 無伴奏ヴァイオリンのための6つのパルティータより1番 a-moll

Johann Paul von Westhoff / 6 Partita del violino solo

 

タルティーニ / ヴァイオリンソナタ g-moll 「悪魔のトリル」(自作の無伴奏編曲)

Giuseppe Tartini / Violin sonata "Il trillo del Diavolo"

 

テレマン / 無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジーより2.5番 

Georg Philipp Telemann / 12 Fantasie für Violine Solo

 

J.S.バッハ / 無伴奏ヴァイオリンソナタ2番 a-moll BWV1003

Johann Sebastian Bach / Sonate für Violine Solo N.2 a-moll

 

アンコール曲

ロカテッリ / ヴァイオリンの技法 24 Capricci より 23番 the Labyrinth

タルティーニ / Pastorale A-Dur より Allegro

 

IMG_9643-2.jpg

 

 

頂いた花などです。

IMG_2235-2.jpg

 

 

IMG_2236-2.jpg

 

 


IMG_2248-2.jpg

 

 

IMG_2249-2.jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

リサイタルのお知らせ

  • 2016.12.12 Monday
  • 12:07

 

Project Solo Vol.4

 

12月17日 18:30 開場 19:00 開演

日本基督教団 巣鴨教会

 

〒170-0005 東京都豊島区南大塚1−13−8

http://blog.sugamo-church.com/?cid=2

 

プログラム

J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンソナタ 2番 BWV1003 a-moll
G.タルティーニ ヴァイオリンソナタ g-moll 「悪魔のトリル」(無伴奏)
P.A.ロカテッリ 「ヴァイオリンの技芸」Op.3 より 1番、2番

全てバロック時代のプログラムです。

 

 

全席自由

大人 3000円

学生以下 2000円

 

チケットはHP上の問い合わせフォームもしくは以下のアドレスへお願いします。

Jeitee@aol.com

当日、直接のご来場でも可能です。

 

 

Psolo1611-1-01-2.jpg

Psolo1611-2-04-2.jpg

 

 

バイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

ライプツィヒ4 カフェバウム〜再びトーマス教会

  • 2016.12.10 Saturday
  • 13:22

 

続き

 

疲れた足で、カフェバウムへ向かう。

IMG_1448 - コピー.JPG

 

 

IMG_1450 - コピー.JPG

 

 

 

 

IMG_1451 - コピー.JPG

 

 

 

 

 

IMG_1460 - コピー.JPG

 

 

この市庁舎、重要な場所なのに行かなかった。。

IMG_1526.JPG

 

 

1711年開店、ドイツ最古のカフェと伝わる、「カフェ バウム」

IMG_1463 - コピー.JPG

 

 

しかしここまで来て、ザッハトルテかよ!

中東でたくさん走っている「トヨタ」のピックアップトラックを選んだ気分。

IMG_1464 - コピー.JPG

 

 

カフェの3階以上は、カフェに関する博物館になっている。

IMG_1466.JPG

 

 

 

IMG_1467 - コピー.JPG

 

 

IMG_1468 - コピー.JPG

 

 

IMG_1469 - コピー.JPG

 

 

IMG_1471.JPG

 

 

IMG_1474 - コピー.JPG

 

 

IMG_1475 - コピー.JPG

 

 

 

IMG_1476 - コピー.JPG

 

 

IMG_1477 - コピー.JPG

 

 

IMG_1480 - コピー.JPG

 

 

IMG_1482 - コピー.JPG

 

 

IMG_1484.JPG

 

 

IMG_1485 - コピー.JPG

 

IMG_1486 - コピー.JPG

 

IMG_1487.JPG

 

IMG_1488.JPG

 

 

IMG_1490 - コピー.JPG

 

 

IMG_1491 - コピー.JPG

 

 

IMG_1494 - コピー.JPG

 

 

IMG_1495 - コピー.JPG

 

 

最後に、トーマス教会に戻り名残惜しむ。

IMG_1508.JPG

 

 

IMG_1509.JPG

 

 

結局教会向かいのカフェにも入ってしまった。

IMG_1513.JPG

 

 

 

IMG_1515.JPG

 

 

IMG_1522.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1523.JPG

 

 

 

 

 

これでライプツィヒは終わり

 

続く

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

 

ライプツィヒ3 メンデルスゾーンの家〜シューマンの家

  • 2016.12.10 Saturday
  • 12:30

メンデルスゾーンハウスから続き

 

 

いつもの悪い癖だが、興味が実はないものでも機会を優先して手出しをした挙句、時間とエネルギーを使って得るものが少ないパターン。業務拡大をして失敗する企業の典型を地で行く私でした。

正直、メンデルスゾーンとシューマンは苦手なタイプの人たちであまり興味がない。

メンデルスゾーンは才能があり過ぎてついていけない、シューマンはなんとなく不器用な印象な理由で。(ごめんなさい)

でもせっかく来たから寄ってみた。

IMG_1299.JPG

 

 

IMG_1348.JPG

 

 

IMG_1347.JPG

 

 

IMG_1300.JPG

 

 

メンデルスゾーンの生涯は短いが、音楽家の中では極めてリア充だ。

ユダヤの裕福な銀行家のもとに生まれ、恵まれた教育が施され、才能が引き出された。唯一本人が挫折を覚えたベルリンでの音楽監督職の辞退は些細なことだ。

IMG_1301.JPG

 

 

 

IMG_1302.JPG

 

 

指揮者コーナーがあって、フィンガルの洞窟とイタリアの1楽章を振っている。ひそかにやってみたかったがやめておいた。

砂粒ほどの虚栄心など意味がない。

IMG_1303.JPG

 

家の広さに対して展示品は実はそれほど多くないが、うまくレイアウトを工夫していた。

IMG_1306.JPG

 

 

 

IMG_1308.JPG

 

 

 

IMG_1309.JPG

 

 

IMG_1312.JPG

 

 

IMG_1313.JPG

 

 

IMG_1317.JPG

 

 

IMG_1319.JPG

 

 

IMG_1337.JPG

 

 

IMG_1320.JPG

 

 

IMG_1321.JPG

 

 

 

IMG_1323.JPG

 

 

 

 

 

 

 

中央のサロンでは主に日曜日ごとにコンサートをしているようだ。午前中だったので選択に迷った。

IMG_1324.JPG

 

 

IMG_1328.JPG

 

 

デスマスク、遺髪、告別の記事の載った新聞など。

IMG_1329.JPG

 

 

IMG_1332.JPG

 

 

 

この人は絵もよく描き、好んで訪れたイタリアやスイスを中心に、仕事の合間に散策をして水彩画を描いていた。

これらは、訪れた景勝地を皿に施したコレクション。

IMG_1334.JPG

 

 

IMG_1342.JPG

 

 

IMG_1344.JPG

 

 

 

 

 

IMG_1350.JPG

 

普通の住宅地だ。。

IMG_1351.JPG

 

 

IMG_1352.JPG

 

 

IMG_1353.JPG

 

なんだか遠回りをさせられている気がしたが、この辺りにグリーグの住んだ住居跡があったらしい。

IMG_1354.JPG

 

 

 

IMG_1355.JPG

 

 

IMG_1356.JPG

 

 

IMG_1358.JPG

 

 

そういえば、ホテルで市内の1日乗車券をもらっていたが、結局使わずわざわざ歩いている。

ぶきっちょだ。

IMG_1361.JPG

 

 

IMG_1362.JPG

 

 

IMG_1363.JPG

 

 

 

通れるはずの通路がふさがっていたので引き返す。

IMG_1365.JPG

 

 

グラッシィ博物館前。どうやらここには世界でも有数の楽器博物館があるらしい。

目の前まできて迷った挙句、通り過ぎたが後でなかなか後悔した。

ウィーンでも古楽器コレクションを見ていたので、まあいいかと思っていたが。やはり選択を間違えたか。

やはりこの人こそぶきっちょだった。。

IMG_1366.JPG

 

 

IMG_1367.JPG

 

 

向こうの十字架のある場所には聖ヨハニス教会があって、この博物館はその墓地の跡地に建てられた。

バッハは1750年にはここに埋葬されたが、空襲により教会が破壊され、取り壊しに伴ってトーマス教会に移された。

IMG_1372.JPG

 

 

さぁ、どんどん行こうねぇ。

IMG_1376.JPG

 

 

IMG_1377.JPG

 

 

IMG_1378.JPG

 

 

IMG_1379.JPG

 

 

 

 

このスーパーはネコのCMで覚えている。BGMもいかにもスーパーらしいベース基礎にネコらしさが出ていて絶妙。

少し元気になった。しょせん猫の事しか考えていないニィ。。

 

Netto Discount Katzen 動画

https://www.youtube.com/watch?v=iNtYHswzFzM

IMG_1380.JPG

 

 

シューマンがライプツィヒでクララ・シューマンと結婚し生活した住居。

創作もシンフォニー1番や流浪の民など意欲的に作品が書かれている。

現在は展示と共に私塾として使われているようだ。

IMG_1383.JPG

 

 

IMG_1384.JPG

 

 

IMG_1385.JPG

 

 

IMG_1386.JPG

 

 

IMG_1387.JPG

 

こちらは、スペースの問題なのか情報の整理が不十分なのか、量は多いが展示の順序が混とんとしている。

疲れている中で、読む気をそがれる。

IMG_1391.JPG

 

ここでも定期的にコンサートを催しているようで、この日もちょうど6時から予定があり、間もなくそのリハが始まった。

今回は遠慮した。

IMG_1392.JPG

 

 

IMG_1393.JPG

 

 

 

IMG_1394.JPG

 

 

IMG_1398.JPG

 

IMG_1399.JPG

 

 

IMG_1405.JPG

 

 

IMG_1407.JPG

 

 

 

IMG_1408.JPG

 

 

IMG_1410.JPG

 

IMG_1412.JPG

 

 

IMG_1413.JPG

 

 

 

ピアニストの感覚とは全然違うだろう、弦楽器的にはあまりシューマンはなじみがない作曲家だろうし、今の自分の観点がバロックになっていることもある。果たしていつかシューマニアーナに自分がなることはあるのか。

IMG_1414.JPG

 

 

IMG_1415.JPG

 

 

IMG_1416.JPG

 

 

IMG_1417.JPG

 

 

旧市街の方向に戻る。

IMG_1418.JPG

 

 

IMG_1419.JPG

 

 

IMG_1421 - コピー.JPG

 

 

IMG_1424 - コピー.JPG

 

 

IMG_1427 - コピー.JPG

 

 

IMG_1428 - コピー.JPG

 

 

会いたくない人に、遭遇した気分でドキッとした。

ワーグナーはライプツィヒ出身で、生家もこの近くのようだ。

IMG_1429 - コピー.JPG

 

 

歌劇場裏の公園。

IMG_1431 - コピー.JPG

 

 

IMG_1432 - コピー.JPG

 

 

この公園で座り込んで、みんな端末に見入っているのは、、もしかしてポケモンGOか?

IMG_1433 - コピー.JPG

 

 

IMG_1434 - コピー.JPG

 

 

IMG_1435 - コピー.JPG

 

 

IMG_1438 - コピー.JPG

 

 

IMG_1439 - コピー.JPG

 

 

いくつかパッサージュを通過して、なるべく近道をする。

IMG_1440 - コピー.JPG

 

 

IMG_1441 - コピー.JPG

 

 

Mamutの店舗がある。

IMG_1442 - コピー.JPG

 

IMG_1443 - コピー.JPG

 

 

ニコライ教会まで戻ってきた。

IMG_1444 - コピー.JPG

 

 

IMG_1448 - コピー.JPG

 

つづく

 

 

バイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

 

ライプツィヒ2 バッハ博物館〜メンデルスゾーンハウス

  • 2016.12.10 Saturday
  • 11:30

トーマス教会から続き

 

 

IMG_1241.JPG

 

 

隣の建物(建て直されているが)はバッハがカントルとして教え、かつ一角に住んでいた旧トーマス学校。

IMG_1242.JPG

 

IMG_1259.JPG

 

 

 

1902年まで元の建物はあったようですね。

IMG_1260.JPG

 


 

IMG_1140.JPG

 

教会の向かいにある建物は、バッハの隣人で友人であった商人のボーゼの住居跡で、現在バッハの博物館になっている。

IMG_1238.JPG

 

 

懐かしい光景。

IMG_1237.JPG

 

 

内部は広くなった印象。

IMG_1090.JPG

 

バッハ自身が調べたといわれる、ファイト以来から1750までのバッハ一族の家系図。

IMG_1094.JPG

 

 

IMG_1092.JPG

 

 

 

IMG_1095.JPG

 

 

IMG_1096.JPG

 

 

2000年に新造されるまでトーマス教会にあった、バッハ・オルガンの座席。

IMG_1102.JPG

 

 

IMG_1105.JPG

 

 

 

IMG_1107.JPG

 

 

IMG_1108.JPG

 

 

IMG_1109.JPG

 

 

IMG_1110.JPG

 

バッハの紋章が残されている唯一の家財のチェスト。JSBの文字でデザインされている。

IMG_1114.JPG

 

これ。

IMG_1130.JPG

 

IMG_1116.JPG

 

 

IMG_1121.JPG

 

 

IMG_1124.JPG

 

 

当時普及していた楽器群。

IMG_1126.JPG

 

 

IMG_1127.JPG

 

 

 

IMG_1133.JPG

 

 

バッハが市から与えられた住居。

トーマス学校の建物の1画の1〜3階(厳密には2〜4階か)が充てられていた。

広いようだが、壁と扉を隔てて隣が教室であり寄宿生の生活スペースであったため、騒音で中々作曲に集中できなかったらしい。

逆の区画には校長の住居だった。

IMG_1135.JPG

 

 

 

IMG_1134.JPG

 

 

IMG_1137.JPG

 

IMG_1141.JPG

 

 

 

IMG_1146.JPG

 

本人の肖像。加えて父親や息子たちのものもあった。

IMG_1167.JPG

 

 

旧ヨハニス墓地からトーマス教会内に遺体が移された際に棺から発見された、バッハとアンナ・マグダレーナの遺品。

ベルトのバックルと裁縫の指貫と思われる。

IMG_1174.JPG

 

IMG_1185.JPG

 

自筆譜たち

IMG_1196.JPG

 

 

IMG_1197.JPG

 

 

1階には、譜面をめぐる研究資料が展示されていた。主に譜面による作品の年代の特定と保存について。

IMG_1089.JPG

 

 

IMG_1221.JPG

 

 

当時、五線譜は自作であった。そのための道具。

IMG_1224.JPG

 

 

紙を漉くための道具。

IMG_1228.JPG

 

 

製造された紙には年代ごとに異なる透かしが入れられていたため、それが使われていた譜面の時期を特定するための一つのヒントとなる。

IMG_1216.JPG

 

 

IMG_1217.JPG

 

 

 

当時のインクに欠点があったために腐食してしまった個所の音符を推測することも重要な作業。そしてそれを保存する。

IMG_1213.JPG

 

 

IMG_1211.JPG

 

 

自筆譜としてまたはコピーライターそれぞれの筆跡の癖や年代ごとの違いが書かれている。

気の遠くなる作業だ。

IMG_1223.JPG

 

 

 

IMG_1233.JPG

 

 

亡くなる1750まで27年間の厚さを感じさせる素晴らしい資料と情報だと思う。

IMG_1236.JPG

 

 

教会内にも入ってみる。

IMG_1239.JPG

 

 

 

 

IMG_1244.JPG

 

 

IMG_1245.JPG

 

 

IMG_1246.JPG

 

 

祭壇の下にバッハの移された遺体が眠っている。

IMG_1247.JPG

 

 

IMG_1249.JPG

 

 

 

 

IMG_1252.JPG

 

 

IMG_1251.JPG

 

 

教会内の展示もなかなか充実しているようだったが、時間があまり取れなかった。

IMG_1256.JPG

 

 

 

IMG_1257.JPG

 

 

IMG_1258.JPG

 

 

 

IMG_1240.JPG

 

 

教会を後に先に進む。

すでにもう疲れた。

IMG_1261.JPG

 

 

IMG_1262.JPG

 

 

IMG_1263.JPG

 

 

IMG_1264.JPG

 

 

IMG_1265.JPG

 

 

IMG_1268.JPG

 

 

IMG_1269.JPG

 

 

この辺りに、クララ・ヴィーク(クララ・シューマン)の生家があったらしいが見逃した。

今回下調べ不足で、そんな場所が多々ある。

IMG_1270.JPG

 

 

IMG_1271.JPG

 

 

ライプツィヒ大学の裏に出る。

IMG_1276.JPG

 

 

IMG_1277.JPG

 

 

IMG_1278.JPG

 

 

 

IMG_1279.JPG

 

 

IMG_1280.JPG

 

 

IMG_1282.JPG

 

 

ライプツィヒ歌劇場。

IMG_1283.JPG

 

ゲヴァントハウスまでやってきた。

IMG_1285.JPG

 

しかしこの人、仕事にしていたのに全くオケの箱に関心持たないな。。

IMG_1290.JPG

 

 

なぜか素の線路を渡って旧市街の外に。

思いの他歩き難い。

IMG_1292.JPG

 

あそこに歩道があった。。

IMG_1293.JPG

 

 

IMG_1294.JPG

 

 

IMG_1295.JPG

 

 

IMG_1295.JPG

 

 

IMG_1296.JPG

 

 

IMG_1297.JPG

 

 

メンデルスゾーンの家までやってきた。

IMG_1299.JPG

 

 

続く

 

 

バイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

 

 

ライプツィヒ1 ようやくバッハの足元にたどり着く

  • 2016.12.10 Saturday
  • 09:36

 

早朝のライプツィヒ、この日も1日中歩く。

これも記憶を辿る旅、同時にバッハを辿るある意味でクライマックスな日。

IMG_1023.JPG

 

 

赤丸のホテルから、矢印に沿って進む。黒の◇が訪れたまたは通り過ぎたスポット。リング状の道路内が旧市街。

順に、マルクト広場近くのゲーテ像 → 聖ニコライ教会 → 聖トーマス教会および寄宿舎跡とバッハ博物館 → ライプツィヒ大学を経てゲヴァントハウスを過ぎ → 旧市街の外のメンデルスゾーンハウス → 一番遠かったシューマンの家 → 西へ歩いて旧市街へ戻りオペラハウス前 → カフェバウム → 最後にトーマス教会前に戻った。

このルートは市が設定したであろう音楽軌道というルートに大体沿ったもの。

ライプツィヒ 歩き1.jpg

 

1749年、バッハの晩年のころのライプツィヒの様子。

 

 

 

IMG_1025.JPG

 

 

IMG_1026.JPG

 

マルクト広場。左が旧市庁舎。ボケて素通りしたが、子の市庁舎でバッハと市の参事会が散々遣り合ったのだったな。

また、その奥に見える建物にドレスデンのザクセン選帝侯が逗留した際にバッハはこの下で楽団による演奏をしている。

その実はザクセン選帝侯の宮廷音楽家の称号を得て、参事会に対して有利に立つことを暗に欲していた。

IMG_1027.JPG

 

IMG_1028.JPG

 

地面の印が音楽軌道の方向を示している。城壁外に出てなくなる場所もあったが。

IMG_1029.JPG

 

IMG_1031.JPG

 

IMG_1032.JPG

 

ライプツィヒ大学に在籍していたゲーテ。

ゲーテについては別の機会に考えよう。

IMG_1035.JPG

 

 

 

IMG_1036.JPG

 

 

IMG_1037.JPG

 

 

IMG_1038.JPG

 

 

IMG_1039.JPG

 

広いパッサージュがいくつもある。

IMG_1040.JPG

 

 

IMG_1041.JPG

 

パッサージュを抜けるとちょうど、聖ニコライ教会。

ここも17年前に偶然来てオルガンを聴いた記憶がある。

IMG_1044.JPG

 

 

IMG_1047.JPG

 

 

この日は日曜。礼拝の時間だった。

IMG_1045.JPG

 

 

IMG_1052.JPG

 

 

IMG_1053.JPG

 

IMG_1054.JPG

 

再び、マルクト広場に戻り

IMG_1058.JPG

 

 

IMG_1059.JPG

 

 

IMG_1060.JPG

 

バッハの仕事場であったトーマス教会にようやくたどり着いた。

IMG_1075.JPG

 

 

IMG_1062.JPG

 

 

IMG_1063.JPG

 

 

IMG_1067.JPG

 

 

IMG_1068.JPG

 

 

IMG_1069.JPG

 

ここもやはり礼拝中、そしてトーマス教会の少年合唱団をしばらく聴けた。

入り口で讃美歌集を渡されたが、今どの曲を歌っているのかわからない。ページを聞いたら、あそこ↓の柱に貼ってある番号が今日のの曲番号だと。

IMG_1072.JPG

 

終わって解放された合唱団。

ウィーン少年合唱団が有名だが、こちらも名実ともに評判高く度々来日している。

IMG_1073.JPG

 

そして、教会の逆側に回って、

IMG_1079.JPG

 

 

ようやく念願のバッハに出会う。

IMG_1081-2.jpg

 

 

 

IMG_1086.JPG

 

 

というより、17年前に一度お会いしていますね。

 

 

バイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

ドレスデン〜ライプツィヒ 

  • 2016.12.08 Thursday
  • 08:13

 

 

 

7時前、まだ暗いうちにチェックアウト。

IMG_0969.JPG

 

 

 

IMG_0972.JPG

 

 

IMG_0973.JPG

 

 

 

IMG_0974.JPG

 

 

IMG_0975.JPG

 

 

 

IMG_0977.JPG

 

 

IMG_0978.JPG

 

 

 

IMG_0979.JPG

 

 

ライプツィヒまで各駅停車で1時間強。

IMG_0981.JPG

 

 

IMG_0984.JPG

 

 

IMG_0986.JPG

 

 

 

 

 

IMG_0987.JPG

 

 

IMG_0988.JPG

 

 

エルベ川を渡る際に、ドレスデンの市街が眺められる。

IMG_0990.JPG

 

 

IMG_0993.JPG

 

 

 

IMG_0994.JPG

 

 

 

IMG_1000.JPG

 

 

さぁ、どんどん行こうねぇ。

IMG_1003.JPG

 

 

 

 

IMG_1009.JPG

 

 

IMG_1011.JPG

 

 

ライプツィヒに到着。一瞬元の場所のドレスデンと錯覚する。伝統的な構造デザインなのでこうなる。

IMG_1012.JPG

 

 

IMG_1013.JPG

 

 

 

IMG_1015.JPG

 

 

IMG_1016.JPG

 

 

IMG_1017.JPG

 

 

IMG_1018.JPG

 

 

 

 

 

IMG_1020.JPG

 

 

9時前。ホテルに荷物を預けてから歩く。

IMG_1021.JPG

 

 

 

続く

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

 

 

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM